JP
CLOSE
JP
ニュース

電通プロモーションプラス、「第51回フジサンケイグループ広告大賞」にて最高賞の「メディアミックス部門グランプリ」を受賞!

2022年5月24日
株式会社電通プロモーションプラスが企画制作に携わった「サントリー BOSS」の作品が「第51回フジサンケイグループ広告大賞」の最高賞にあたる「メディアミックス部門グランプリ」を受賞いたしました。

「フジサンケイグループ広告大賞」は、「広告の総合性」「広告の創造性」「広告の大衆性」という3つの広告特性に優れた新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、ウェブの広告を顕彰する、1971年に設立された総合広告コンクールです。賞の構成は、フジサンケイグループ広告大賞グランプリを含む「メディアミックス部門」、各媒体別に作品を審査する「メディア部門」「クリエイティブ部門」「パブリック部門」、話題性の高い広告や社会に貢献した企業キャンペーンなどを表彰する「特別部門」があり、今回は、2021年にフジサンケイグループの各メディアで放送、掲載された広告254作品の中から33作品が選ばれました。
【第51回フジサンケイグループ広告大賞 受賞概要】
■受賞:メディアミックス部門グランプリ
■担当カテゴリー:デジタルメディア「BOSS×ザ・ドリフターズ」
■広告主:サントリーホールディングス株式会社
■商品名:BOSS
■作品名:働く人の相棒
■担当者:
●クリエーティブ
 PL/CW:久我佳太(OMOプランニング事業部 プランニングCR1部)
 AD:川原田しゅん(OMOプランニング事業部 プランニングCR1部)
 D:ミウラユウタ(OMOプランニング事業部 プランニングCR2部)
 D:小澤幸希(OMOプランニング事業部 プランニングCR2部)
 CRP:水野里美(CXソリューション開発事業部 CXテクノロジー1部)
 CRP:小川勇樹(第1アカウント事業部)
●デジタル
 D:菅原裕亮(CXソリューション開発事業部 オウンドメディア・プロデュース部) <企画意図>
休業。時短。出社制限。新型コロナウイルスが急速に拡大した2021年2月。そんな中、“働く人の相棒”であるBOSSとして、せめてものつかの間の一服を楽しんでほしいという想いを込めて、「働く人に、ゴールデンタイムを。」というコンセプトを設定。ザ・ドリフターズを起用し、「ほんとに、ほんとに、ご苦労さん」という労いと、「つぎ、いってみよう!」という励ましを送るムービー、キャンペーンを展開。YouTubeの再生回数は722万回を超え、高評価数も3.6万いいねを獲得するなど、数多くの働く人に共感いただけたキャンペーンになりました。
■受賞:メディアミックス部門グランプリ
■担当カテゴリー:デジタルメディア「BOSS×KEIBA」
■広告主:サントリーホールディングス株式会社
■商品名:BOSS
■作品名:働く人の相棒
■担当者:
 CW:久我佳太(OMOプランニング事業部 プランニングCR1部)
 AD:川原田しゅん(OMOプランニング事業部 プランニングCR1部)
 D:ミウラユウタ(OMOプランニング事業部 プランニングCR2部)
 CRP:水野里美(CXソリューション開発事業部 CXテクノロジー1部)
 CRP:小川勇樹(第1アカウント事業部)
●デジタル
 D:菅原裕亮(CXソリューション開発事業部 オウンドメディア・プロデュース部)
※「フジサンケイグループ広告大賞」詳細について:
 https://www.fujisankei-g.co.jp/koukoku-taisho/about/
 https://www.fujisankei-g.co.jp/koukoku-taisho/51/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社 電通プロモーションプラス
事業戦略室 コミュニケーションデザイン部
安藤、代田
MAIL:kouhou@dentsu-pmp.co.jp